紳士靴入門

革靴の常識に疎いまま社会人になった貴方へ


フランスの革靴ブランド



フランスで作られる革靴は作り手によって極端にスタンスが変化するのが特徴で、いわば特徴がないのが特徴です。各メーカーにより様々な顔を見せ、イギリスとイタリアのクラシック&モダンを絶妙にミックスし、オリジナリティあふれる洗練されたデザインといえます。例えば、J.M.ウェストン、パラブーツなどのメーカーではクラシカルな靴を作っており、ベルルッティなどは、非常に革新的な靴を作っている

【フランスの主要ブランド】

J.M.ウェストン

ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)はフランスの老舗シューズメーカー。特徴は、素材、作り、履き心地のすべてを徹底的に追求していることです。丸みを帯びたそのフォルムは、ひと目でジェイエムウエストンとわかるほど個性的です。ジェイエムウエストンは靴を履く人を想定し、フィッティングにも力を入れています。サイズは4ミリメートルピッチで揃え、ウィズ(「ワイド」や「スリム」といった足囲)も数段階、ジェイエムウエストン人気の「ローファー」に関しては6段階も揃えています。こうしたサイズの豊富さも、ジェイエムウエストンが世界で親しまれる要因になっているのでしょう。

JMウェストン 180ローファー 76650
出典:JMウェストン 180ローファー 76650

パラブーツ

パラブーツ(Paraboot)は1908年創業のフランスのシューズブランドです。1927年にポンヴェール氏がアメリカで入手した1足のラバーブーツにありました。ポンヴェール氏はこのラバーブーツをヒントに天然ラテックスソールの靴を作ることを思い付きます。ブラジルのパラ港から輸入した天然ラテックスをソールに用いた靴を製作し、ブランド名をパラ港にちなんでパラブーツと名付けたのです。天然ラテックスのソールを用いるアイデアから誕生したパラブーツ。そのソールは自社生産され、今もそのスタイルは変わっていません。パラブーツは世界でも珍しい、ソールを自社生産するシューズブランドなのです。パラブーツの特徴は自社生産によるオリジナルソールだけではありません。ノルウィージャンウェルト製法で靴作りが行われている点も大きな特徴です。ノルウィージャンウェルト製法によって作られる靴は堅牢で足への負担が少なく、疲れにくいのが魅力ですが、150以上もの工程を要する大変手間のかかる製法です。パラブーツでは創業当時から伝統的なこの製法を続けており、熟練の技術と色あせない高いデザイン性で、フランス国内はもちろん、世界中のファンから支持される老舗ブランドとなりました。

パラブーツ ROUSSEAU brandy
出典:パラブーツ ROUSSEAU brandy

ベルルッティ

ベルルッティ(Berluti)はフランスの高級靴メーカーです。
そのデザインは斬新を通り越し、芸術の領域に達しています。ベルルッティの魅力を語るうえで欠かせないのが、ヴェネチア・レザーとパティーヌの存在です。ヴェネチア・レザーの特徴として、柔らかく伸縮性に富んでいるのに型崩れしにくいこと。さらに色を付けた後の発色が非常に良く、磨いた分だけ輝きが増す贅沢な革です。しかし、ヴェネチア・レザーはベルルッティと革メーカーが共同開発したもので秘匿されています。一方、パティーヌとは、ベルルッティが独自に編み出した色付け技法に付けられた名称で深みのある落ち着いた雰囲気の靴に仕上がります。

ベルルッティ アレサンドロ
出典:ベルルッティ アレサンドロ

ベルルッティ ガスパード
出典:ベルルッティ ガスパード

ピエールコルテ

オーベルシー

ウーゴ&エンツォ

エシュン