紳士靴入門

革靴の常識に疎いまま社会人になった貴方へ


セメンテッド製法


アッパー(甲革)とライニング(裏革、内側の革)、アウトソール(底)を中物を挟んで文字とおり接着剤で貼付け圧着する製法。

セメンテッド

ごくシンプルな構造のため、軽量に仕上がるのが特徴です。また、縫い目がないので、水の侵入も防ぐことができます。用途や性別に限らず、現在では靴の大半がこの製法によって作られています。

しかし、ソールの交換はできず寿命の面では他の製法のものに比べて劣ります。

構成が簡単で機械による大量生産が可能であるため、安価な紳士靴の場合は間違いなくこの製法を用いています。