紳士靴入門

革靴の常識に疎いまま社会人になった貴方へ


手入れ方法と用具


手入れの方法と用具を解説します。
これは一般的な革のケースです。スエード、ヌバック、オイルドレザー、エナメルなどは除きます。

 

馬毛ブラシ

柔らかい毛のブラシです。靴のメンテナンスで一番最初にホコリを落とす為に使います。
時間がないときは馬毛でブラッシングするだけでも全然違います。

馬毛ブラシ Collonil
Collonil(コロニル) – 馬毛ブラシ

【液体クリーナー】

汚れや過去に塗った乳化クリームを取り除くのに使います。
馬毛ブラシでブラッシングしてホコリを落とした後に、Tシャツ等の綿の布にクリーナーを1円玉くらいとり、まんべんなく磨いていきます。下記はモウブレイのクリーナーで定番中の定番です。

M.モゥブレィ ステイン・リムーバー_

M.モゥブレィ – ステイン・リムーバー

【ペネトレイトブラシ】

乳化クリームを、靴全体に塗りこむために使います。
乳化クリームをペネトレイトブラシ先端につけ、これもまんべんなく広げていきます。
材質は豚毛ブラシですが、これは歯ブラシで代用してもよいです。

ペネトレイトブラシ

出典:シューケアQ&A

【乳化クリーム】

革に必要な油分と水分を与え、艶を維持します。
M.モゥブレィの乳化クリーム

M.モゥブレィ – シュークリーム

【豚毛ブラシ】

ペネトレイトブラシで広げた乳化クリームを塗りこんでいくために使います。
豚毛ブラシ

ペダック – 豚毛ブラシ

【シューキーパー】

別名シューツリーともいいます。靴の型崩れを防ぐために使います。
靴を脱ぎ終わったら、一晩かけて汗を自然蒸散させ、翌日にシューキーパーを入れます。
材質はプラスチックより赤松の木製の物が好ましく、靴の中の水分を吸ってくれます。

シューキーパー