紳士靴入門

革靴の常識に疎いまま社会人になった貴方へ


日本の若者は紳士靴に疎い


スーツ、紳士靴の文化は元々外国の文化であるためか、日本の若者は紳士靴に関する知識は乏しいと感じます。ビジネスシーン、結婚式(パーティ)、プライベートで見かける20代・30代の足元を見ると、何も考えずにとりあえず「革の靴」を履いているだけの男性が多いのは嘆かわしいばかりです。

 

世の多くの男性は、高校卒業して大学入学式(あるいは新社会人)向けに、スーツと一緒に「ついでに紳士靴を購入する」ケースがほとんどだと思います。そのまま就職活動、新社会人となり、紳士靴に関する知識をほとんど養うことなく社会に出ている方ばかりではないでしょうか。新人の時はいいかもしれませんが、30歳をすぎてもそのままでは寂しいものがあります。私の周りで「いいスーツを買った」という話は聞きますが、「いい靴を買った」というのはあまり聞きません。それほどに紳士靴に関する興味が薄いのだと思います。

 

また、「お洒落は足元から」とはファッションの常套句ですが、街中ですれ違う若者を見ても、せっかくお洒落な服を着ているのにダサい靴やメンテナンスのされていない小汚い靴を履いているのを見るとがっかりします。貴方の足元は大丈夫ですか?